Katsu a Note Book

青森の良いとこ隅々まで発信!

スマートキー紛失!

DSC_0012_20151013222541450.jpg
アクシデントの内容はこちら↓笑って下さいまし~(*ノωノ)
※少々お見苦しい文章があります。ご了承下さい(爆)
城ヶ倉大橋からの紅葉を見て、長生きの茶でおなじみのかやの茶屋(酸ヶ湯温泉直営店の方)へ。
着いた途端、急にお腹が痛くなって、道路を挟んで向かいの公衆トイレに…
実は、このトイレ(大の方ね)簡易的な水洗式で、ブツが落ちるところがフタになっているんですよ。
で、このフタなんですが、ほんの少しでも重量を感じると、下側へ倒れる仕組みになっています。
という事で、もうお分かりですね。
しゃがんでいる最中に、ポロっとフタの上に車のスマートキーが載りました。
そして、あ~~~っ!(◎_◎;) と言う間もなく、それは闇の中へ消えていきますた(;゚Д゚)
秒殺とはこの事なんですねw
この時点で、ワタクシの愛車は、ただの鉄の塊と化しました…(-_-;)
つか、どうするべ?
家の人or地元の友達に、トイレにキーを落としちゃったから、八甲田までスペアキーを持ってこいとは言えんし…
とりあえず、今回のアクシデントが地元民にバレないよう|д゚)コッショリ自宅まで戻る事を考えてみるw
とは言っても、JRバスしか移動手段がないのです。
まずは、十和田湖行きに乗り、焼山で乗り換え、十和田市へ向かう案。
が…すでに、この日の運行終了~(爆)
ならば、青森市行きへ乗って青森駅下車、そこから青い森鉄道で移動し、上北町駅で下車する案。
バスの時刻表を見ると、最終便(16時58分かやの茶屋発)はまだ来ていないので一安心ですが…
青森駅18時08分発の電車に間に合うかは微妙な感じ…
ん…どうする?
ここで、突然ひらめいた!(`・ω・´)シャキーン!
青森市在住の某氏に連絡し、事情を説明したら現地まで来ていただける事に(´艸`*)
いや~ホント嬉しかったですね~
と同時に、某氏が神様に見えましたよ~(●´ω`●)


そして、東青森駅まで送っていただきました。
わざわざ八甲田の山奥まで来ていただきありがとうございました。
この場をお借りし、お礼申し上げます(*´ω`*)

DSC_0037_2015101321440567a.jpg
しかし…
車に乗って出かけたのに、なんで電車に乗って帰る?
と自問自答を繰り返すワタクシ…(-_-;)

DSC_0038_20151013214410d81.jpg
どうやら、キーをポットントイレに落としたという現実を受け入れられない様子です(爆)
けど、

DSC_0041_20151013214409414.jpg
こんな時でも撮り鉄はしっかりとw

DSC_0042_20151013214413b70.jpg
体が勝手に反応しますby お料理モード www
そして、1時間ちょっと電車に揺られ19時04分、上北町駅着。
自宅へスペアキーを取りに行き、現地へ向かう前にホームセンターでスペアキーのボタン電池を購入。
(現地へ行ったはいいが、電池切れでキーが反応しない可能性があるので)
でも、電池切れで二重のアクシデントの方がネタ的に良かったかな?(-_-;) おいおい…
で、無事に愛車を救助w し、自宅へ戻る事が出来ました(アクシデント発生から約6時間後)。

DSC_0043_201510132144294b7.jpg
そして、次の日にディーラーへ。
スマートキーのスペアを発注しましたが、
な、なんと!3万円!(◎_◎;) マジですか!
ネットで格安の社外品の購入も検討しましたが、
誤作動とかあるらしいので、やはり信頼のおける純正品じゃないと安心出来ませんからね。

DSC_0044_20151013214433779.jpg
普通の鍵なら、ホームセンターとかで千円以下でスペアキー作れたんですけどね(´・ω・`)ションボリ…

「スマートキー」
ポケットやカバンに入れておいても、車両に近づく、
あるいはドアノブに触れるだけでドアが解錠し、
鍵穴にキーを指すことなく、
エンジンスタートボタンを押すことでエンジンがかかる仕組みである。
便利な反面、何かあればお高く付きます。
小さなヤツですけど、やさしい気持ちで接してあげて下さいね(爆)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/10/13 23:48 ] | TB(0) | CM(10)
なんと…予想もしなかったドラマが(^_^;)
大変でしたね~!
東青森~上北町がわりと近いのが救い?
私だったら遠くて大変でした!
車を何とかしてトイレに近づけるって手は…
やっぱダメですね(^^ゞ
[ 2015/10/14 01:23 ] [ 編集 ]
それは、それは・・・大変でしたね。
スマートキーにフックをつけて
ベルト通しのとこに引っ掛けておくことをお勧めいたします!
それにしても お友達が迎えに行ってくれて良かったです。
持つべきものは、友ですね(笑)
[ 2015/10/14 07:14 ] [ 編集 ]
克裕さん、お疲れ様でした(;´・ω・)
車の鍵は絶対落ちないようにしなければいけませんね(/_;)
トイレには携帯、ハンカチくらいなら落としたことあります・・・
あ、私の失敗談でしたら公園のトイレットペーパー無いトイレに入ってしまったことですかね。
それもキーに比べたら大したことないですね。
[ 2015/10/14 09:26 ] [ 編集 ]
なんと( ̄ー ̄)
せっかくの八甲田紅葉ドライブだったのに大変でしたね(汗)
しかし、よくぞ市内にお知り合いがいらっしゃいましたね。
持つべきモノは・・・ですね(´ω`)
[ 2015/10/14 18:17 ] [ 編集 ]
fourdoor0810さんへ
車を所有するようになってから、一度も紛失した事がないんですよ~(-_-;)
いや今回は、落としましたけど(爆)
という事で、ワタクシ的には、あり得ない出来事なワケで…
深~い闇の中へ消えていってしまったので、車をトイレに近づけても反応はないでしょ。
ちなみに、ワタクシのハンドパワーwで施錠を試みてみましたが、
無反応だった事は言うまでもありません(爆)
もし、fourdoorさんのところだったら、
東北新幹線or青い森鉄道→八戸駅で乗り換え→岩手銀河鉄道~の移動手段でしょうか。
どっちにしろ、考えたくないっすよね(*ノωノ)
[ 2015/10/14 21:45 ] [ 編集 ]
KUNさんへ
いや~お恥ずかしい限りで…(*ノωノ)
今回の件は、思いっきりラフに扱っていた事が原因なんですよ。
今後、絶対落とさない対策として、靴下の中に入れるwとか、
ピアスにしちゃうwwwとか、いろいろと考えてみましたが、
KUNさんのお薦めを実践しちゃいますね。
簡単で確実ですよね~(≧▽≦)
最後の手段として、徒歩で山越えになっちゃう?
という考えが一瞬頭の中をよぎりますた(泣)
八甲田山中であるいう事を考えれば、ホント恐ろしいですよ…(;゚Д゚)
[ 2015/10/14 22:07 ] [ 編集 ]
ほほさんへ
ホント、どっと疲れた一日でした…(-_-;)
しかも、貴重な休みの日にこんな事があるなんてあり得ないっす(泣)
ちなみに、トイレットペーパーはありましたよw
今後のために、トイレに入った時に確認を行った上で、用を足したいと思います。
以下、確認手順w
①普通の水洗式(便器に水が溜まるヤツ)orポットンタイプ(暗い闇への入り口が見えるヤツ)であるか?
②洋式or和式であるか?
※和式の場合、落とす可能性大w
③車のキーがどこにあるか?
※同乗者がいる場合、その人にキーを預けてから用を足す事
この事から、本人及び、同乗者が同時に用を足してはならないw
※本人だけの場合、張り詰めた状態で、最後まで緊張感を持って用を足す事
と書いていたら、やっぱり後にも先にも便器のタイプだけは要確認だな~と(爆)
今後は、特に気を付けていきたいと思っています。
落とす度に3万円ですからねぇ…(-_-;)
それと、ほほさんのケータイ落ちもスゴイ事ですよ(◎_◎;)
[ 2015/10/14 23:01 ] [ 編集 ]
ピーナッツ☆さんへ
紅葉から乗り鉄、そして夜の八甲田ドライブへと、目まぐるしい一日ですた(爆)
思わずPちゃんを呼ぼうかと(笑)
で、今回の件で思いましたよ。
3万円かかるぐらいなら普通の鍵がいいって。
も~ハイテクからローテクへ戻してくれないかな~(´・ω・`)
[ 2015/10/14 23:11 ] [ 編集 ]
この度の遠征に こんな落ちが有るとは、っだすた。自分も同じようなシステムなので気を付けなくては。

今度 現場見に行こうなんて 不謹慎な事を、、m(_ _)m
[ 2015/10/16 16:38 ] [ 編集 ]
JA7GUXさんへ
いやいやホントに気を付けて下さいよ~(-_-;)
落とした時はもちろんですが、そのあとが更に大変な目に会いますからねぇ…
是非、現場検証をお願いしたいです!(`・ω・´)シャキーン!
可能であれば、ブログでみなさんに注意喚起していただきたいです(爆)
というか、JA7GUXさんもワタクシと同じ記事を書く事のないように、
現場検証は慎重にね(*ノωノ)
[ 2015/10/16 22:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:克裕2011
ご訪問ありがとうございます!
克裕の青森探訪記。
果たしてその目に映るものは?
リンクフリーです。
お気軽にどうぞ~

katsu a Note Book
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR